美味しい水は元気の素!

2015年9月21日 biodroid 飲むと違いが分かります!

何といっても水は人間の生命維持には欠かせません。
そして私たちが体内に取り入れる物体の中で最も大切な物であることは確かです。
それだけにその水の質と味にこだわる人も多く、天然水志向が高まっているようです。
もっともこれは、東北大震災時の原発事故後に水の安全への注意が高まったことも大いに関係していると考えられます。

天然水という言葉を聞きますと、即「クリスタル」「純粋」といったイメージが湧いてきます。
天然水が実際に採取されている所も、富士山麓や南アルプスといった自然豊かな環境です。

現在日本で出回っている天然水は、自然から汲んできたままの状態ではありません。
外国産と違い、日本産の天然水は、ろ過・沈殿・加熱殺菌等の処理が義務付けられています。
これは除菌過剰でひ弱になりつつ日本人にとっては必要かもしれませんね。
天然のままの水では、多くの日本人はすぐにお腹を壊しそうですから。

水には軟水と硬水がありますが、私たちが日常飲むには軟水の方が適しているようです。
カルシウムやマグネシウムがあまり含まれていない軟水はクセが少なく、コーヒーやお茶、料理などに適しており、赤ちゃんにも安心して使えるのです。反対に硬水はクセがあり腹持ちも良いので、ダイエットなどの特別な目的に使うのが良いようです。

現在供給されている天然水は安心して飲めるはずですから、自分の好みに合った美味しい天然水で元気に過ごしたいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/