糖尿病に良いとされるバナジウム天然水

2015年11月11日 biodroid 飲むと違いが分かります!

お店でペットボトル入りの天然水を見ると、「バナジウム」という言葉が付随している天然水が多いことに気付きます。
バナジウムというのはミネラル成分の一つで、富士山の地下から採取できる天然水に特に多く含まれているそうです。
他にも海藻や野菜などにも含まれているらしいですね。

このバナジウムは近年特に健康志向の方からの注目を集めています。
その理由が、バナジウムによって血圧や血糖値が下がるという効能が期待できるという点です。
特に糖尿病患者にとってバナジウムの血糖値の上昇を抑えてくれるというのはとてもミリ力的です。
そもそも人間の血糖値は膵臓から分泌されるインスリンによってコントロールされています。

ところがなんらかの理由でインスリン分泌量が少なくなってしまったり、偏った食生活によって膵臓機能が衰えてしまうことで血糖コントロールが追いつかなくなってしまうことがあります。

これらがいわゆる糖尿病と呼ばれる症状で、糖尿病患者にとって血糖コントロールは重大な課題になります。
バナジウムにはインスリンと似た作用があり、高くなってしまった血糖値をコントロールしてくれる効果が期待されているそうです。
バナジウムを含む水によって血糖値のコントロールが可能であれば、糖尿病患者にとって血糖コントロールのストレスも軽減できるのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by http://wordpress.org/ and http://www.hqpremiumthemes.com/